【実践 - 企業経営 & パラダイムシフト】

事業環境が不安定なこの時代、過去から踏襲してきた方策・手段・手法では乗り切れません。真の21世紀はこれから始まります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

会社のウエブサイトを作成しました

株式会社パラダイムシフトのウェブサイトを作成いたしました。

ご覧になって見てください。

http://www.p-shift.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<<聖書は、発行部数が3880億部であり、世界一発行されている本である②>>


聖書とは、つくづく興味深い書物です。

聖書とは、神と人との出会いを綴った物語であり、2000年以上もの間にわたって、人々の心の拠りどころとなってきました。66冊もの様々な書物が聖書として一つに集約編集されていますが、ユダヤ教・イスラム教・キリスト教の聖典として「神と人との様々な契約」の教え、祈りの書として受け継がれて参りました。

昨日は、9月11日でした。
10年前の昨日、ニューヨークで同時多発テロが起こりました。そして、半年前の3月11日は、東北大震災の津波被害によって多くの人々の命が天に召されました。心からご冥福をお祈り申し上げます。

そんな中にあって、遅々として復興が進みません。
政治は混迷し、堕落し、今までのしがらみや既得権益を排除できない。内需拡大を目指すべき時に、大企業は円高メリットを活用してアジアへ進出、見境のない企業買収劇を展開しています。益々国内は空洞化し国民の生活は逼迫が進んでいきます。

聖書のことをはじめ宗教の書、教えの書だと私は思っていました。しかし、実際に読み進めてみるとその概念が間違っていたことに気付かされました。

神さまによって生かされている我々人間が、傲慢さを手放し、神の前にひれ伏し、神の存在、神の人に対する壮大な計画について、素直に受け取り、今までのパラダイムの外側の全く新しい行動を選択していかなければならない時が来ているのです。
  1. 2011/09/12(月) 06:41:52|
  2. 伝えたい「モノ」「こと」「人」情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。